2011年3月アーカイブ

浅草による用事があったので、夕食として久しぶりに「弁慶」に行ってみました。
頼んだのはチャーシューラーメン(ギタ=脂こってり)です。


学生の頃、深夜まで営業しているこのラーメン屋によくお世話になりました。
当時、床が脂でヌルヌルしていたに強いインパクトを覚えましたが、現在でも随分とヌルヌルしています(笑)。

店内は若いスタッフが威勢よくオーダーをさばいておりました。久しぶりに食べたラーメンですが、コッテリ感のあるスープと太い縮れ麺で、ちょっと豆板醤など入れつつ味の変化を楽しみました。とんこつ+魚介のダブルスープがここ最近のはやりですが、男らしいとんこつ醤油スープのこの店のラーメンが個人的に懐かしいものを食べた気分にさせました。

家族で御徒町まで買い物に出かけた際、ランチはどこにしようかということで「子供が入れそうで、おいしそうなラーメン屋」を探してたどり着きました。



とろみのあるとんこつ醤油スープは個人的な好みとマッチしています。焙煎ダレや味玉もいい感じでストライクゾーンに入ってきています。

とはいえ、小さな子供(年長、年少、もうすぐ1歳)を従えて食べる食事は、「正直、食べた気がしない」というやつで疲れました・・・。













文京オフィスを立ち上げて、最初(?)にラーメン部が向かったお店は、文京区春日にある「烈士洵名」です。

以前文京区に住んでたころ、ココのラーメン(とお酒)が好きでチョコチョコ通ってましたが、まだ残っていて(さらに支店を増やしてる!)、うれしく思いました。



で、今回食べたのは、個人的に一番好きな白味噌ラーメンです。トロっとした甘めのスープ(たまねぎ入り)に、細麺とチャーシュー、メンマ(というかエリンギ)、味玉・・・満足しました。

信州の地酒を置いてあるので、お酒を飲みに行きたいお店ですね。

所沢で最後(?)に食べるラーメンに選んだのは、自宅から一番近いラーメン屋さんの「歩」でした。


そんなに頻繁には来なかったですけど、私が食べる数少ない癒し系のラーメンとしてお世話になりました。

魚ダシが効いていて、コンブのトッピングが印象的でした。

午前中池袋で打ち合わせがあったので、やすべえ 池袋店にてつけ麺+特製トッピングセット(?)をいただくことにしました。


ここはいつも混んでるのですが、席数が多いのと、オペレーションが良くて座るとすぐラーメンが出てくるので待ち時間も滞在時間も案外短いので気に入ってます。

もちろん、普通、中盛り、大盛りが同じ値段というのもステキです。甘めのスープとつるつるの麺でガンガン胃袋に入っていきます。そこに魚粉やタマネギを追加しつつ味の変化を楽しみつついただきます。

〆にスープ割をいただきおなか一杯。途中でスープが冷めてしまうのがいつも残念に思うのですが、「熱もり(麺があたたかい)」にはついお願いし忘れてしまうんですよね。


Twitter

Please wait while my tweets load

お急ぎの方はコチラ

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。