IPQでIPv6接続トライアルサービスを始めます。

| コメント(0) | トラックバック(0)
某巨大掲示板(笑) やTwitter などでご要望をいただいていました、IPv6での接続サービスの受付を10/25(月)に開始することになりました。

そろそろIPv4アドレスの割り振り用在庫が本当になくなりつつある、ということで次世代のサービスの準備をはじめましょうということではじめました。

テレビのアナログと地上デジタルの違い、みたいなイメージでしょうかね。テレビのアナログvs地デジと一番ことなるのは、IPv4の在庫が無くなる!といっても、今まで使えているIPv4アドレスは今までどおり普通に使えますので、ある日(例:2011年7月24日)からIPv4アドレス(現状多くの人が使っている)がプツンと使えなくなるわけじゃないのです。

IPv4アドレスの在庫が無くなったら・・・的な話はこの辺 (PDF)の資料が結構参考になると思います。

そういう意味では、IPv4からIPv6への以降はずいぶんゆっくり進むのではないでしょうか・・というのが私の予想です。(私自身はISP事業を運営して2年もたってない人間なので、アテにはなりませんが)

これは鶏と卵的な問題がありますよね・・

コンテンツ提供側は、IPv6対応しても(現状)見てくれる人がいないし、特に機能が増えるわけじゃないので(現状)困ってないから対応する対応する必要ない。

コンテンツ利用一般の消費者など)としては、IPv6 接続しても、IPv6でないと見られないサイトや利用できないサービスは特にない。IPv6対応した機器に買い換えるのもお金かかるし。

機器ベンダーとしては、コンテンツ提供側も利用側も普及が進んでないからIPv6対応機器が数売れないし、数売れないと値段も下がらないし機能向上が進まないよなぁ・・・。

というスパイラルがあるので、なかなか普及しない・・という説明が成り立ちます。

で、テレビの場合はオリンピックやワールドカップのイベントや、ハイビジョン化など明らかに機器の買い替えメリットがあるような要素があるんですけど・・・IPv6アドレス化してもアクセス速度がすごくあがったり、接続費用が劇的に下がったり・・というのも無いんですよね。

鶏と卵の問題の解決は・・・ヒヨコではないかと信じていますが(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wdm.jp/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする

ウェブページ

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 5.02

Twitter

Please wait while my tweets load

お急ぎの方はコチラ

このブログ記事について

このページは、wdm.jpが2010年10月20日 13:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「剣道の全日本選手権、ネットで生中継へ」です。

次のブログ記事は「大学の学科同窓会バスツアーに行ってまいりました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。